Case
Introduction

症例紹介

野球肘

このようなお悩みはありませんか?

  • 投球動作時に肘の内側が痛い。
  • 投球後に肘周辺が痛む。
  • 投球することが怖い。
  • 野球肘と診断されたが改善しない。
  • 肘の曲げ伸ばしがやりにくい。

とくなが接骨院では野球肘で悩まれている方の痛みの原因を追究し

野球肘に悩まされない日常を過ごしていただけるよう施術しております。

 

問診による原因の追究

 

野球肘の主な原因は無理な投球フォーム身体の使い方に問題があることがほとんどです。

もちろん投げすぎによる負担が大きくなると痛みの原因にもなってきます。

 

野球肘は子どもから大人まで起こり得る症状ですが、多くは子どもに発症します。

子どもの場合、筋肉や骨の発達も未熟であるのに加え身体の使い方も正しく使うこともできていない可能性があります。

子どもは痛くても無理をして投球を続けることが多く悪化する傾向が多く、酷い場合は剥離骨折などを起こすこともあります。

大人の場合は骨が成熟しているため骨を損傷する可能性は低いですが

靭帯を損傷することがあり、靭帯は一度損傷してしまうと修復が難しいため早期の発見が重要になります。

 

野球肘は様々な箇所で起こる可能性があり、発症する原因も変わってきます。

その原因を見つけ対処し改善をしていきます。

肘に負担の少ない投げ方のコツを覚え、より良い野球人生を送れるようにしましょう!

とくなが接骨院ではあなたに合わせた施術で身体を整える

当院ではヒヤリング検査をもとに

・マッサージ

・ストレッチ

・矯正

等の刺激を送り負担がかかり固まっている筋肉を緩め、

働きの悪い筋肉を働くように刺激を送り身体のバランスを調整していきます。

一日でも早く痛みの苦痛を取り除き楽しく日常をすごせるようサポートしていきます。

 

正しい身体の使い方を覚え再発防止!

同じ痛みで苦しまないように正しい身体の動かし方や姿勢など

身体の使い方のエクササイズを交えて再発予防のために一緒に取り組みます。

 

無料カウンセリング・ご予約

あなたの症状の根本原因を追究し

解消に導きます。

まずは専門家の無料カウンセリングを。